戻る
 イタリア
トレンティーノ
アルトアディジェ
 
 オーストリアとの国境に近く以前はオーストリア領であったトレンティーノ・アルトアディジェ州では、今でもイタリア・ドイツ語、2つの言語が公用語(看板や標識もすべて二ヶ国語表記)となっています。また実際にそこで生活をしている人々も基本的に2ヶ国語を話し、母国語の選択は個人に委ねられています。その為、ワイン名もこの2つの言語両方の場合、及びそのどちらかで記されています。また、アルト・アディジェ地区はドイツ語ではシュドゥ・トリエール(南チロルという意味)となります。そういった歴史的背景から自治権をもつ州のうちの1つです。
trentino
ヴェネトワインセットは
いかがでしょうか