シャトー・レオヴィル・ラス・カーズ
Chateau Leoville Las Cases
3分割されたレオヴィル
シャトーの発展の基礎を築いたのは、ボルドーの財政部長だったジャン・ドゥ・モワティエだった。後に彼の娘ジャンヌ・ドゥ・モワティエへと相続され、1722年、彼女の結婚によって、レオヴィル領主でボルドー議会モルティエの委員長であったブレーズ・ドゥ・ガスクが管理を行うようになる。しかし、彼はレオヴィルのワインを世に知らせることに苦心し続けた。1766年、ジャンヌ・ドゥ・モワティエは亡くなり、子供がいなかったため、遺産は甥や姪に渡った。 フランス革命時、その遺産を相続していた少将ピエール・ジャン・ドゥ・ラスカーズは、レオヴィルの畑の1/4を、売却することを余儀なくされた。その後、長子相続法の廃止によって、残る3/4の土地は彼と妹のジャンヌとに分けられた。

特別なことをしているとは思っていません。ワインの良し悪しの80%はブドウで決まります。ブドウさえ良ければ、特別なことをしなくてもいいワインができるものなんですよ

                        醸造責任者 ブルーノ・ロラン

コート・デュ・ローヌ
価格 \ 2,100

アニョー・ブラン
価格 \ 1,634

アウグスト・ケスラー
価格 \ 9,345

サンタ・マッダレーナ
価格 \ 2,310

クレマン・ド・ブルゴーニュ
価格 \ 2,940

エシェゾー
価格 \ 16,800

エール・ダルジャン
価格 \ 11,557

エルミタージュ・ラ・シャペル
価格 \ 15,757